ライズネット株式会社 リクルーティングサイト

Interview 広報

経営サポート・コンサルティング

所属部署/イセアブランド事業部

2011年4月入社

<風土・環境>

一人ひとりのパワーが存分に発揮される環境。

入社当初の配属は、新規開拓の営業部門。でも、初対面のお客さまから短時間で信頼をいただくことが不得意だった私は、なかなか芽が出ませんでした。ただ、一度お取引いただいたお客さまとの長いお付き合いの中で、提案・コンサルティング・サポートをしていくことには、上司からも評価をいただいていました。そして入社から半年が経ったとき、私自身の希望もあって、より自分の力を発揮でき成長にもつながるであろうクライアントサポートチームへ異動することに。担ったのは、ネットを活用した集客コンサルティング業務。自分の性に合っている仕事だと感じました。入社半年での異動は世間一般では珍しいことかもしれませんが、個々人の適性や能力、本人の意志・希望に添った配置転換にとても柔軟であることは、ライズネットらしいところ。上司や先輩たちみなが一人ひとりの仕事ぶりを見ていてくれ、それぞれの強み・弱みを理解してくれているからできることなんですよね。

<現在の仕事>

事業企画・事業推進担当である気概でクライアントと接する。

現在は、ある美容クリニックさんをクライアントに、事業成長に向けた経営サポート・コンサルティング業務に携わっています。売上げ目標・集客目標を立てることから始まり、その達成に向けた、商品設計・価格設定、WEB・雑誌・交通広告・CMなどのプロモーションプランニング、クリエイティブ管理、さらにはクリニックスタッフさんたちとのディスカッションを経た、接客フローの再構築など、幅広い観点から支援をさせていただいています。大切にしているのは、現場へ足を運ぶこと。机上だけでアイデアを練ったり、会議室から指示を出したりということはしません。自分の目で、耳で、肌で現場を感じ、現場の皆さんとともに動くことで、空論ではない、力ある提案を生み出し実現していくのです。

<成長の理由>

まさか会長が教育担当?!

入社1年目の終わり。私はあるクライアントさんから『ニキビを治療したい患者さんを集めたいから、何か提案して欲しい』というお題をいただきました。患者さんを増やすというゴールだけが示され、あとは自由。今でこそ「これは面白い仕事だ」と感じることができますが、当時の私はとにかく経験が浅かった。何から手をつければいいの?という状態でした。でもこのとき、会長である吉村と二人でチームを組んで仕事をすることに。WEB集客の基礎知識から、サイトづくりや企画のイロハ、コンテンツに掲載するキャッチコピーや原稿の一字一句へのこだわり・・・など。何から何までを学び、まるで会長が新人教育担当のような感じでしたね(笑)大変でしたが私のビジネスパーソンとしての基礎はこのときに築けたと感じています。右も左も分からない新人や若手が、経営層・役員と二人三脚で仕事をするのは実はライズネットでは日常の光景であり、若手時代から驚く速さで成長を手にしていける理由なんですね。

<未来への期待>

過去にしがみつかず、変化に貪欲。

ライズネットは、SEO対策をメイン事業として創業して以降、コンテンツ制作、クラウドサービス提供などに裾野を広げ、現在はネットという強みを活かした経営サポート事業に軸足を移そうとしています。過去にしがみつくのではなく、時代に寄り添いながら変化を重ねていける会社なんですね。社会環境が変われば、ビジネス成功の要因も変わります。つまり、クライアントさんが抱える経営課題も時代とともに変わり続けていくのです。その中で私たちは自分たち自身を変化させ続けることで、新しい価値の創造・提供を止めず、クライアントさんの事業成長に貢献し続けていくことができる。変化に貪欲だからこそ、自分たちの存在意義を確固たるものとし、さらにはここで働く自分たち自身も決して飽きることなく仕事に熱中し続けていけるのだと私は思っています。

一日のスケジュール

10:00
出社・メールチェック
10:30
美容業界最新情報、市場の動きをチェック
11:30
メディア記事作成、アクセスチェック&データ分析
13:00
銀座院にMTGのため外出!
14:00
銀座で遅めのランチ
15:00
クリニックにてスタッフとの新プランMTG
18:00
新しい施術をクリニックで体験!
19:00
銀座院から直帰します♪