ライズネット株式会社 リクルーティングサイト

Interview 広報

広報

所属部署/広報部

2013年4月入社

私が入社した理由

未経験からの挑戦。

入社当時は「広報部」という部署はなく、リゼクリニック事業部にてホームページを制作したりSNSを運用したりすることでクライアントであるリゼクリニックの集客・認知をWEBの面からサポートしていました。
外語大学に通っていた私は、入社までの人生の中で「脱毛」「クリニック」「WEB」いずれのキーワードとも縁が無く、文字通りの未経験。面接の中で会社の具体的な成長ビジョンとともに実際の職務にまつわる説明を受けた際、会社の確実な成長とそこで生まれる新たなポジションへのチャンスを感じ、未経験からの挑戦を選択しました。

これが私の仕事

デスクに座っていては、
できない事もある。

入社時に配属になったリゼクリニック事業部では、日頃みなさんが目にしているインターネット上のコンテンツを、企画・ディレクションしておりました。
現在広報部では、プレスリリースの配信やメディアリレーション、取材対応など、ブランド認知を高めるための広報活動全般を行っております。WEBチームで培った経験を広報部で活かすことがあると同時に、全く違った視点から物事を捉える必要があり戸惑うこともあります。一貫して持つ思いは1つ『リゼクリニックの良さを消費者の方々にお届けしたい』ということです。様々な面からブランド認知をサポートできるPRマンになるべく、日頃から多方面にアンテナを張りアイディアを集収の毎日です。

仕事の醍醐味!

1人1人が「原動力」となり、
会社を動かす。

ライズネットはまだまだ成長途中にあり、社員数もいわゆる大企業のように多くはありません。 だからこそ1人1人が担う仕事の量や責任は大きく、試行錯誤をして業務をこなし、それを振り返ったときの達成感は何にも勝ると実感しています。 もちろん壁にぶつかることもありますが、チームの仲間に相談し、ともに壁を乗り越えれば達成感もともに分かち合え絆も深まります。 会社の歯車として、与えられたことを日々処理をするというのではなく、1人1人が会社の原動力となり、時には1人で、また時にはチームで会社を「動かしている」という自覚を持っていれば、会社はいつでも味方についてくれますよ。

ここが会社の魅力

新たなコトへの飽くなき探究心。

新しいことに挑戦するということに、会社自体が前向きであることです。経営陣から「○○をやってみたいんだけど、どうかな?」ということが降りてくることが多いのはもちろんなのですが、逆に私自身が提案をした事もとても前向きに検討し、挑戦する機会を貰えることが多々あります。 会社自体が、日々変化するユーザーのニーズに敏感であるからこそ、若者の感度の高さや思考の機転を重要視することができるのです。 このような会話ができている理由でもあるのですが、経営陣と同じフロアでデスクを並べて仕事ができている、という点も会社の魅力の一つだと思います。

一日のスケジュール

10:00
出社→メール・SNS・ニュースのチェック
11:00
プレスリリース制作
14:00
新大久保の韓国料理屋でランチ
15:00
広報部MTG
16:00
取材対応・インフルエンサー様アテンド
18:00
資料作成・SNS投稿
19:00
退社